NASREC:独立行政法人 水産総合研究センター さけますセンター
組織 | 研究情報 | 情報公開 | 会議報告 | 刊行物 | イベント | キッズ
[上へ] [進む]

H19研究業績

平成19年度 さけますセンター 研究業績集(2007年4月-2008年3月)


研究報告など印刷物

レフリー制刊行物

  1. 伴 真俊. 2007. The effects of growth on development of precocious male and smolts in sockeye salmon. Aquaculture Sci., 55: 507-513.
  2. 牧野恵太,小沼 健,北橋隆史,安東宏徳,伴 真俊,浦野明央. 2007. Expression of ormone genes and osmoregulation in homing chum salmon. Gen. Comp. Endocrinol, 152: 304-309.
  3. 長谷川英一,澤田浩一,安部幸樹,渡辺一俊,内川和久,岡崎雄二,外山美奈, R. H. Douglas. 2008. The visual pigments of a deep-sea myctophid fish Myctophum nitidulum Garman; an HPLC and spectroscopic description of a non-paired rhodopsin-porphyropsin system. Journal of Fish Biology, 72 (4): 937-945.
  4. Ban, M., H. Ando, A. Urano. 2007. Effects of long-day on gill Na+, K+-ATPase gene expression and the development of seawater tolerance in sockeye salmon. Aquaculture, 273: 218-226.
  5. Mori, T., I. Hiraka, Y. Kurata, H. Kawachi, N. Mano, R. H. Devlin., H. Nagoya, K. Araki. 2007. Changes in hepatic gene expression related to innate immunity, growth and iron metabolism in GH-transgenic amago salmon (Oncorhynchus masou) by cDNA subtraction and microarray analysis, and serum lysozyme activity. General and Comparative Endocrinology, 151: 42-54.

非レフリー制刊行物

(国際会議提出文書)

  1. Kaga, T., S. Sato, K. Morita, M. Fukuwaka, T. Chiba, D. Takasaki. 2007. Seasonal Changes in Total Lipid Contents of Chum and Pink Salmon in the North Pacific Ocean and the Bering Sea during the Spring and the Summer of 2005-2006. NPAFC Doc. 1040. 20p.
  2. Saito, T., T. Kaga, and E. Hasegawa. 2007. Early marine growth of chum salmon (Oncorhynchus keta) in coastal waters off Shari, eastern Hokkaido, Japan, in relation to sea temperature. NPAFC Doc. 1041. 15p.
  3. Takahashi, M., and F. Itoh. 2007. Preliminary 2006 Salmon Enhancement Production in Japan, NPAFC Doc. 1043. 3p.
  4. Sato, S., T. Kaga, T. Chiba, D. Takasaki, K. Morita, H. Nagoya, and S. Urawa. 2007. Origins and distribution of chum salmon in the western North Pacific Ocean during the spring of 2006. NPAFC Doc. 1047. 9p.
  5. Fukuwaka, M., S. Sato, S. Imai, N. D. Davis, K. W. Myers, R. V. Walker, J. M. Murphy, K. Cieciel, J. Moss, V. I. Karpenko, Alexander V. Bugaev, and S. F. Zolotukhin. 2007. Recoveries of High-Seas Tags in 2006-2007, and Tag Releases and Recoveries of Fin-Clipped Salmon in 2007 from Japanese Research Vessel Surveys in the North Pacific Ocean. NPAFC Doc. 1042. 15p.
  6. Fukuwaka, M., N. Davis, M. Kuwaki, S. Imai, K. Toge. 2007. International Salmon Research Aboard the R/V Wakatake maru in the Central North Pacific Ocean and Bering Sea during the Summer of 2007. NPAFC Doc. 1046. 19p.
  7. Takahashi, M., M. Iida, Y. Katayama, T. Ohnuki, S. Kitatsuji, M. Fukuhara, H. Tokuda, and K. Hirasawa. 2007. Otolith-Marked Salmon released from Japan in the Fall of 2006 and Spring of 2007. NPAFC Doc. 1059. 10p.
  8. Morita, K., S. Sato, M. Kagaya, Y. Katayama, Y. Goda, T. Chiba and K. Makino. 2007. The 2007 Summer Japanese Salmon Research Cruise of the R/V Hokko maru. NPAFC Doc. 1044. 8p.
  9. Takahashi, M. and T. Tojima. 2007. Proposed Otolith Marks for Brood Year 2007 Salmon in Japan. NPAFC Doc. 1018. 9p.
  10. Sato, S., Y. Moongeun, S. Abe, S. Urawa. 2007. Update of Mitochondrial DNA Baseline for Stock Identification of Chum Salmon. NPAFC Doc. 1019. 26p.

(各種報告書)

  1. 名古屋博之. 2007. モダンバイオテクノロジー応用食品の安全性確保に関する研究. 平成19年度総括・分担研究報告書. 厚生労働科学研究費補助金 食品の安心・安全確保推進研究事業.
  2. Shimizu, I., T. Saito and J. Seki. 2007. Influence of sea ice on spring phytoplankton and foraging period of juvenile salmon in Nemuro Strait. NPAFC Technical Report, 7: 101-104.
  3. 清水幾太郎. 2008. 平成19年度水産物流通グローバル化対策事業報告書(水産庁委託事業). 独立行政法人水産総合研究センター.

(書籍)

  1. 加賀敏樹. 2008. 円石藻類の増殖特性. 海洋プランクトン生態学−微少生物の海−(谷口 旭監修), 成山堂書店. pp. 59-82.

(その他印刷物)

  1. 名古屋博之・吉崎五郎・長谷川理・桑田知宣・熊坂清弘. 2007. バイテク技術の可能性を問う(前編). 月刊養殖, 560: 13-31.
  2. 名古屋博之・吉崎五郎・長谷川理・桑田知宣・熊坂清弘. 2007. バイテク技術の可能性を問う(後編). 月刊養殖, 561: 13-27.
  3. 鈴木俊哉. 2007. 自然再生産を利用したサケ資源の保全について. 月刊養殖, 556: 84-87.
  4. 大熊一正. 2007. 本州日本海地域のサクラマス資源の再生をめざして. 月刊養殖, 552: 78-82.
  5. 大熊一正. 2008. 本州日本海側のサクラマス資源増大に向けた水産総合研究センターの新たな取り組み. Gijie 特別編集17 サクラマス2008: 108-111.

(水研センター刊行物)

  1. 長谷川英一. 2007. 輸出商材としてのサケの価値を見出すために〜サケ輸出促進のための品質評価システムの開発と放流技術の開発. FRA NEWS, 11: 8-9.
  2. 鈴木俊哉. 2008. 自然再生産を利用したサケ資源保全への取り組み. 水研センター研究開発情報 SALMON情報, 2: 3-5.
  3. 戸叶 恒. 2008. サケ親魚の質が受精卵の発育過程に与える影響. 水研センター研究開発情報 SALMON情報, 2: 6-7.
  4. 大熊一正. 2008. 本州日本海地域のサクラマス資源再生に向けた取り組み-平成18年度FS研究の結果と19年度からの新規プロジェクト研究「河川の適正利用による本州日本海域サクラマス資源管理技術の開発」について-. 水研センター研究開発情報 SALMON情報, 2: 11.
  5. 長谷川英一. 2008. サケ輸出促進のための品質管理システムの開発と放流技術の高度化. 水研センター研究開発情報 SALMON情報, 2: 15-16.

[ページ先頭へ]


研究集会等での発表

研究集会

(国際学術集会)

  1. Ando, H., M. Ban, S. D. McCormick, and A. Urano. Endocrine disruption in aquatic animals: Mechanisms of action of xenoestrogens in a fish model. International Conference on Ecotoxicology and Environmental Science, Kolkata, India.
  2. Taguchi, T., A. Ishii, T. Hasegawa, S. Konagaya, M. Ban, T. Umemura, and H. Haraguchi. Multielement-Profiling changes during the ontogenetic process of salmon egg as analyzed by ICP-MS. International symposium on metallomics 2007, Nagoya, Japan.
  3. Urawa, S., S. Sato, M. Takahashi, B. Agler, R. Josephson, T. Beacham and M. Fukuwaka. 2007. Origins and biological status of chum salmon wintering in the central Gulf of Alaska. 137th Annual Meeting of American Fisheries Society, San Francisco, USA.
  4. Urawa, S., S. Sato, T. Kaga, M. Takahashi, B. Agler, R. Josephson, T. Beacham and M. Fukuwaka. 2008. Winter Distribution of chum salmon in the central Gulf of Alaska. The 23nd Northeast Pacific Pink & Chum Salmon Workshop, Bellingham, USA.

(国内学術集会)

  1. DNAマーカーによるメダカとハイナンメダカの判別 [2006年度日本水産学会春季大会 正岡哲治・岡本裕之・名古屋博之・荒木和男]
  2. ラディエーションハイブリッド(RH)法によるヒラメ放射線雑種細胞の作成[2007年度日本水産学会春季大会 岡本裕之・尾崎照遵・正岡哲治・原素之・岡内正典・名古屋博之・荒木和男]
  3. サケ科魚類の複二倍体の作出 [2007年度日本水産学会春季大会 張雪蓮・名古屋博之・浅見崇比呂・小野里坦]
  4. プロファイリング技術による遺伝子組換え魚の非意図的影響の評価 [2007年度日本食品化学学会第13回総会・学術大会 佐々木和生・梅津博紀・太田大策・名古屋博之・佐々木伸大・小関良宏]
  5. GM遺伝子組換えアマゴの安全性評価研究-アレルゲン性について [2007年度日本薬学会第127例会 中村里香・手島玲子・佐藤里絵・澤田純一・名古屋博之]
  6. ハダカイワシ類の行動パターンと視覚特性 [2007年度日本比較生理生化学会 長谷川英一・内川和久・澤田浩一・外山美奈・R. Douglas]
  7. GM遺伝子組換えアマゴの安全性研究―アレルゲン性について 2007年度第3階日本分子生物学会年会・第80回日本生化学合同大会 [中村里香・手島玲子・佐藤理絵・中島紫・川崎ナナ・山口照英・澤田純一・名古屋博之]
  8. DNAマーカーによるゼブラフィッシュとモロコ類の判別手法の開発 [2007年度日本水産学会秋季大会 正岡哲治・岡本裕之・荒木和男・名古屋博之]
  9. 本州太平洋岸に回帰するサケの遊泳行動に及ぼす津軽暖流の影響[2007年度日本水産学会秋季大会 長谷川英一・斎藤寿彦・加賀敏樹・高橋昌也]
  10. サケの視覚に関する雑感[2007年度日本魚類学会 長谷川英一・鈴木俊哉]
  11. 夏季ベーリング海におけるサケ脂質量の年変動.[2008年度日本水産学会 加賀敏樹]
  12. サケ種苗生産における養魚池の明るさに関する研究 [2008年度日本水産学会春季大会 佐々木系・長谷川英一]
  13. サケ稚魚放流技術の高度化に関する研究 I. 標準代謝量と体エネルギー量の計測[2008年度日本水産学会春季大会 長谷川英一・高橋昌也 ・安達宏泰・戸叶恒・大友俊武・清水勇一]
  14. サケ鱗相解析による地域集団判別の試み.[2007年度日本水産学会秋季大会 斎藤寿彦・加賀敏樹・長谷川英一]
  15. 耳石の酸素,炭素安定同位体比を用いたカラフトマス孵化場魚と野生魚の判別[2007年度日本水産東北支部大会 鈴木俊哉]
  16. コード化ピンガーによるサクラマススモルト降下行動の追跡[2007年度日本水産学会春季大会 大熊一正]
  17. 沿岸サケ幼稚魚における成長履歴の推定.[2007年度日本水産学会春季大会 斎藤寿彦・加賀敏樹・長谷川英一]
  18. 北海道胆振地方の河川に生息する河川型サクラマスの雌成熟魚.[2007年度日本水産学会春季大会 斎藤寿彦・鈴木俊哉・大熊一正・斎藤裕美]
  19. 母川回帰途上のシロザケが示す生理的変化と河川内行動[2007年度日本水産学会春季大会 伴 真俊・安東宏徳・小沼 健・牧野恵太・浦野明央]
  20. 大西洋サケと日本海サケ科魚類間の生存性雑種[2007年度日本水産学会秋季大会 伴 真俊・名古屋博之・佐藤俊平・市村政樹]
  21. シロザケの産卵回遊に先立つゴナドトロピン(GTH)の下垂体含有量および血中量の上昇[第31回日本比較内分泌学会大会及びシンポジウム 小沼 健・城道 絢・安東宏徳・伴 真俊・福若雅章・東屋知範・浦野明央]
  22. 母川に回帰したシロザケの河口付近の行動と血中テストステロン濃度の関係[第31回 日本比較内分泌学会大会及びシンポジウム 牧野恵太・小沼 健・北橋隆史・安東宏徳・伴 真俊・浦野明央]
  23. 金属プロファイリングクロマトグラム測定によるサケ卵細胞中金属タンパク質の検索[日本分析化学会第56年会 小川知也・林 紘正・長谷川拓也・梅村知也・小長谷重次・伴 真俊・原口紘き]
  24. サケ受精卵発生過程の多元素プロファイリングアナリシス[日本分析化学会第56年会 田口 実・石井淳次・長谷川拓也・梅村知也・小長谷重次・伴 真俊・原口紘き]
  25. 2006年春季北西太平洋におけるサケの分布と地理的起源.[2007年度日本水産学会秋季大会 佐藤俊平・加賀敏樹・千葉徹・高崎大輔・谷全尚樹・亀澤泰子・勝又基・森田健太郎・名古屋博之・浦和茂彦]
  26. 夏季−秋季ベーリング海および冬季北太平洋に生息するサケの地理的起源[第1回サケ学研究会 佐藤俊平・守屋彰悟・福若雅章・東屋知範・浦野明央・浦和茂彦]
  27. X線照射を用いたアマゴ不妊化の試み[2007年度日本水産学会秋季大会 名古屋博之・佐藤俊平・岡本裕之・正岡哲治・荒木和男]
  28. Comparative mixed stock analysis of chum salmon in the Bering Sea and North Pacific Ocean using microsatellite and mitochondrial DNA markers [2007年度日本水産学会秋季大会 Yoon, M., S. Moriya, S. Sato, S. Urawa, A. Urano, D-H. Jin and S. Abe]
  29. IGF-Iの血中濃度上昇は日本系シロザケの母川回帰の引き金となる[第32回日本比較内分泌学会 勝又啓史・小沼健・牧野恵太・佐藤俊平・福若雅章・東屋知範・P. Swanson・浦野明央]

研究集会以外での発表

(水研センター主催)

  1. サケ親魚の質が受精卵の発育過程に与える影響[平成19年度さけます関係研究開発等推進特別部会 戸叶 恒]
  2. 養魚池の明るさ−光が仔魚に与える影響−[平成19年度さけます関係研究開発等推進特別部会 佐々木 系]
  3. 日本系サケの資源構造−平成18年秋の回帰状況から言えること−[平成19年度さけます関係研究開発等推進特別部会 高橋昌也]
  4. 品質管理・輸出促進に向けた取り組み−消費国のニーズと輸入条件−[平成19年度さけます関係研究開発等推進特別部会 清水幾太郎]
  5. 外来性サケ科魚類および遺伝子組換えサケ科魚類導入時に行うリスク評価マニュアルの作成[平成19年度さけます関係研究開発等推進特別部会研究部会 伴 真俊・名古屋博之・佐藤俊平・戸叶 恒・八重樫博文]
  6. DNAでここまでわかる−北洋のサケの分布と起源を推測−[水研センター第5回成果発表会 佐藤俊平]
  7. 昆布森・斜里沿岸における放流サケ幼稚魚の餌料環境モニタリング[亜寒帯海洋モニタリング研究会 加賀敏樹・斎藤寿彦・高橋昌也]
  8. 動物プランクトン環境について[根室南部沿岸環境調査中間報告 加賀敏樹・長谷川英一]

(その他の集会)

  1. 国産さけのグローバル戦略とローカル戦略及びそれらを支えるふ化放流事業の展望[本州鮭鱒増殖振興会研修会 清水幾太郎]
  2. サケの自然産卵環境について[NPO法人十勝多自然ネット総会 鈴木俊哉]
  3. 日本のさけます増殖事業の歴史と今後の課題−日本におけるさけます漁業を安定的に維持するため−[宮城県さけます増殖協会30周年記念式典 関 二郎]
  4. サクラマス資源の保全に向けて[日本釣振興会北海道支部役員会 大熊一正]
  5. 国産さけのグローバル戦略とローカル戦略及びそれらを支えるふ化放流事業の展望[広域連携協議会 清水幾太郎]

[ページ先頭へ]