NASREC:独立行政法人 水産総合研究センター さけますセンター
組織 | 研究情報 | 情報公開 | 会議報告 | 刊行物 | イベント | キッズ
[戻る] [上へ] [進む]

主な業務の内容

研究開発

ふ化放流およびモニタリング

サケ、カラフトマス、サクラマス、ベニザケの個体群の維持を図るため、それぞれの個体群を代表する河川で遺伝的特性を保つためのふ化放流を行っています。全ての稚魚には、資源状況を把握し、研究開発を進めるため、個体群毎に異なる耳石温度標識を施して放流しています。

また、研究所や道県の機関と連携し、民間ふ化場での種卵確保から放流までの増殖管理、放流から回帰までの生態及び生息環境、個体群の遺伝的特性等のモニタリングを実施しています。

放流間近のサケ稚魚
放流間近のサケ稚魚

サケ稚魚の耳石温度標識
サケ稚魚の耳石温度標識

技術普及

増殖事業の効率的な推進を図るため、研究開発等から得られた知見に基づき、民間増殖団体等を対象に技術普及を行うとともに、技術研修会、成果発表会等を開催しています。

民間ふ化場での技術普及
民間ふ化場での技術普及

さけます関係研究開発等推進特別部会
さけます関係研究開発等推進特別部会