NASREC:独立行政法人 水産総合研究センター さけますセンター
組織 | 研究情報 | 情報公開 | 会議報告 | 刊行物 | イベント | キッズ
[戻る] [上へ] [進む]

資源研究室

放流後の海洋生活初期の稚魚の成長、栄養状態による資源評価手法の開発、減耗要因の解明、回帰資源の適正な評価に必要な漁獲物に占める地域起源の割合解明に取り組んでいます。

サケ(上2尾)とカラフトマス(下2尾)の降海幼魚
サケ(上2尾)とカラフトマス(下2尾)の降海幼魚

サケのアーカイバル標識放流
サケのアーカイバル標識放流

職員の構成(平成22年4月1日現在)

氏名 役職
斎藤 寿彦 室長
渡邉 久爾 研究員
加賀 敏樹 研究員

研究課題

課題名 期間 予算
野外採集個体の初期成長および生残 H19-20  
さけ・ます類の資源動態モデルの開発 H18-22 交付金(一般研究)
サケ輸出促進のための品質評価システムの開発と放流技術の高度化 H19-21 農林水産技術会議競争的資金

平成19年度研究業績

 論文(査読あり)

  1. 長谷川英一・澤田浩一・安部幸樹・渡辺一俊・内川和久・岡崎雄二・外山美奈・R. H. Douglas. 2008. The visual pigments of a deep-sea myctophid fish Myctophum nitidulum Garman; an HPLC and spectroscopic description of a non-paired rhodopsin-porphyropsin system. Journal of Fish Biology, 72(4): 937-945.

 国際学術集会

 国内学術集会

  1. 中深層性マイクロネクトン測定のための不可視ライトの開発V -ススキハダカ網膜における3,4-dehydroretinalの発見-.[2007年度日本水産学会春季大会 長谷川英一, 他4名]
  2. ハダカイワシ類の行動パターンと視覚特性.[2007年度日本比較生理生化学会 長谷川英一, 他4 名]
  3. 本州太平洋岸に回帰するサケの遊泳行動に及ぼす津軽暖流の影響.[2007年度日本水産学会秋季大会 長谷川英一・斎藤寿彦・加賀敏樹・高橋昌也]
  4. サケの視覚に関する雑感.[2007年度日本魚類学会 長谷川英一・鈴木俊哉]
  5. 夏季ベーリング海におけるサケ脂質量の経年変化.[2008年度日本水産学会春季大会 加賀敏樹]
  6. サケ種苗生産における養魚池の明るさに関する研究.[2008年度日本水産学会春季大会 佐々木 系・長谷川英一]
  7. サケ稚魚放流技術の高度化に関する研究T 標準代謝量と体エネルギー量の計測.[2008年度日本水産学会春季大会 長谷川英一・高橋昌也・安達宏泰・戸叶 恒・大友俊武・清水勇一]
  8. サケ鱗相解析による地域集団判別の試み.[2007年度日本水産学会秋季大会 斎藤寿彦・加賀敏樹・長谷川英一]
  9. 沿岸サケ幼稚魚における成長履歴の推定.[2007年度日本水産学会春季大会 斎藤寿彦・加賀敏樹・長谷川英一]
  10. 北海道胆振地方の河川に生息する河川型サクラマスの雌成熟魚.[2007年度日本水産学会春季大会 斎藤寿彦・鈴木俊哉・大熊一正・斎藤裕美]
  11. 2006年春季北西太平洋におけるサケの分布と地理的起源.[2007年度日本水産学会秋季大会 佐藤俊平・加賀敏樹・千葉 徹・高崎大輔・谷全尚樹・亀澤泰子・勝又 基・森田健太郎・名古屋博之・浦和茂彦]

 その他の論文、口頭発表、報告書等

  1. Kaga, T, S. Sato, K. Morita, M. Fukuwaka, T. Chiba, D. Takasaki. 2007. Seasonal Changes in Total Lipid Contents of Chum and Pink Salmon in the North Pacific Ocean and the Bering Sea during the Spring and the Summer of 2005-2006. NPAFC Doc. 1040. 20p.
  2. Saito, T., T. Kaga, and E. Hasegawa. 2007. Early marine growth of chum salmon (Oncorhynchus keta) in coastal waters off Shari, eastern Hokkaido, Japan, in relation to sea temperature. NPAFC Doc. 1041. 15p.
  3. Sato S., T. Kaga, T. Chiba, D. Takasaki, K. Morita, H. Nagoya, and S. Urawa. 2007. Origins and distribution of chum salmon in the western North Pacific Ocean during the spring of 2006. , NPAFC Doc. 1047. 9p.
  4. 長谷川英一. 2008. サケ輸出促進のための品質管理システムの開発と放流技術の高度化. 水研センター研究開発情報SALMON情報, 2: 15-16.
  5. 長谷川英一. 2007. 輸出商材としてのサケの価値を見出すためにサケ輸出促進のための品質評価システムの開発と放流技術の開発. FRA NEWS, 11: 8-9.
  6. 昆布森・斜里沿岸における放流サケ幼稚魚の餌料環境モニタリング.[平成19年度亜寒帯海洋モニタリング研究会 加賀敏樹・斎藤寿彦・高橋昌也]
  7. 動物プランクトン環境について. [平成19年度根室南部沿岸環境調査中間報告 加賀敏樹・長谷川英一]

平成18年度研究業績

 論文(査読あり)

  1. 長谷川英一. 2006. Comparison of the spectral sensitivity of three species of juvenile salmonids. Journal of Fish Biology, 68: 1903-1908.
  2. 斎藤寿彦・加賀敏樹・関 二郎・大竹二雄. 2007. Otolith microstructure of chum salmon Oncorhynchus keta: formation of sea entry check and daily deposition of otolith increments in seawater conditions. Fisheries Science, 73: 27-37.
  3. 森田健太郎・斎藤寿彦・宮腰靖之・福若雅章・永澤 亨・帰山雅秀. 2006. A review of Pacific salmon hatchery programmes on Hokkaido Island, Japan. ICES Journal of Marine Science, 63: 1353-1363.

 国際学術集会

  1. Seki J. 2006. Overviews of juvenile salmon research in Japan from 2001 to 2005. Second NPAFC International Workshop on Factors Affecting Production of Juvenile Salmon, Sapporo, Japan.
  2. Saito T., I. Shimizu, and J. Seki. 2006. Linkage between early ocean life and adult returns of chum salmon in the Strait of Nemuro, Japan. Second NPAFC International Workshop on Factors Affecting Production of Juvenile Salmon, Sapporo, Japan.
  3. Nomura T., and T. Kaga. 2006. Trophic status of young ocean chum salmon estimated by lipid analysis. Second NPAFC International Workshop on Factors Affecting Production of Juvenile Salmon, Sapporo, Japan.
  4. Shimizu I., T. Saito, and J. Seki. 2006. Contribution of sea ice to spring biological production and influence of sea ice to Japanese juvenile salmon in Nemuro Strait, a marginal sea of the Okhotsk Sea. Second NPAFC International Workshop on Factors Affecting Production of Juvenile Salmon, Sapporo, Japan.
  5. Hasegawa E. 2006. Visual characteristics of three species of juvenile salmonid fish stocked from the hatchery in Japan. Second NPAFC International Workshop on Factors Affecting Production of Juvenile Salmon, Sapporo, Japan.
  6. Kaga T., J. Seki. 2006. Relationship between distribution, physiology of juvenile chum salmon and zooplankton quantity in a coastal region. Second NPAFC International Workshop on Factors Affecting Production of Juvenile Salmon, Sapporo, Japan.

 国内学術集会

  1. 生理学的アプローチによるサケ資源動態の解明.[2006年度日本水産学会 長谷川英一]
  2. 太平洋沿岸域におけるサケの不漁原因.[2006年度日本水産学会 斎藤寿彦]
  3. サケ科魚類の視覚的特徴と回帰行動.[2006年度日本比較生理生化学会 長谷川英一]
  4. 中深層性マイクロネクトン測定のための不可視ライトの開発T−ハダカイワシ類の分光感度特性, ERG特性−.[2006年度日本水産学会 長谷川英一]
  5. サケ科魚類の初期生活史に関する研究の現状と将来展望.[2006年度日本水産学会北海道支部大会 斎藤寿彦]
  6. 中深層性マイクロネクトン測定のための不可視ライトの開発V−ススキハダカ網膜における3,4-dehydroretinalの発見−.[2007年度日本水産学会春季大会 長谷川英一]
  7. 北海道斜里沿岸域におけるサケ幼稚魚の生理特性と餌環境の年変動.[2007年度日本水産学会春季大会 加賀敏樹]

 その他の論文、口頭発表、報告書等

  1. Summary of 2006 enforcement activities. (NPAFC Doc.932)
  2. Morita K., S. Sato, T. Kaga, D. Takasaki, T. Chiba, A. Volkov, K. Cieciel, S. K. Kang, N. Tanimata, Y. Kamezawa, M. Katsumata, and T. Azumaya. 2006. The 2006 spring international cooperative salmon research cruise of R/V Kaiyo maru. (NPAFC Doc. 958)
  3. Fukuwaka M. and N. Watanabe. 2006. International salmon research aboard the R/V Wakatake maru in the Central North Pacific Ocean and Bering Sea during the winter of 2006. (NPAFC Doc. 959)
  4. Kaga T., S. Sato, M. Fukuwaka, S. Takahashi, T. Nomura, and S. Urawa. 2006. Total lipid contents of winter chum and pink salmon in the western North Pacific Ocean and Gulf of Alaska. (NPAFC Doc. 962)
  5. Saito T., I. Shimizu, and J. Seki. 2006. Growth estimation for juvenile chum salmon (Oncorhynchus keta) on the basis of otolith check. (NPAFC Doc. 965)
  6. Takahashi M., M. Watanabe, T. Hamaya, M. Iida, N. watanabe, M. Fukuwaka, H. Tokuda. 2006. Otolith Marked Salmon Released from Japan in the Fall of 2005 and Spring of 2006. (NPAFC Doc. 968)
  7. Seki J. 2007. Overview of juvenile Salmon research in Japan from 2001 to 2005. NPAFC Tech. Rep., 7: 14-16.
  8. Saito T., I. Simizu, and J. Seki. 2007. Linkage between early ocean life and adult returns of chum salmon in the Strait of Nemuro, Japan. NPAFC Tech. Rep., 7: 59-60.
  9. Kaga T. and J. Seki. Temporal changes in physiological condition of juvenile chum salmon and zooplankton biomass in a coastal water of the Okhotsk Sea. NPAFC Tech. Rep., 7: 83-84.
  10. Nomura T. and T. Kaga. 2007. Trophic status of young ocean chum salmon estimated by lipid analysis. NPAFC Tech. Rep., 7: 99-100.
  11. Shimizu I., T. Saito, and J. Seki. 2007. Influence of sea ice on Spring phytoplankton production and foraging period of juvenile salmon in Nemuro Strait. NPAFC Tech. Rep., 7: 101-104.
  12. Hasegawa E. 2007. Visual characteristics of three species of salmonids stocked from Japanese hatcheries. NPAFC Tech. Rep., 7: 107-109.
  13. 長谷川英一. 2006. 日本におけるサケ回帰状況についての一考察. 社団法人日本定置漁業協会ていち, 110: 63-80.
  14. 沿岸域におけるサケ幼稚魚の減耗要因を探る.[平成18年度さけます関係研究開発等推進特別部会 斎藤寿彦]
  15. さけ資源の回帰動向分析.[平成18年度さけます関係研究開発等推進特別部会 長谷川英一]