NASREC:独立行政法人 水産総合研究センター さけますセンター
組織 | 研究情報 | 情報公開 | 会議報告 | 刊行物 | イベント | キッズ
[戻る] [上へ] [進む]

技術開発室

健苗性の評価基準の確立、地域特性に合わせた健苗育成・放流技術の開発、薬剤に依存しない健苗育成技術の開発、スモルトの効率的な大量育成技術の開発に取り組んでいます。

サケ親魚の採血
サケ親魚の採血

サクラマスの降海型スモルト幼魚(左列)と河川残留型パー幼魚(右列)
サクラマスの降海型スモルト幼魚(左列)と
 河川残留型パー幼魚(右列)

職員の構成(平成22年4月1日現在)

氏名 役職
梅田 勝博 室長
伊藤 二美男 チーフ技術専門員
伊藤 洋満 技術開発係長
高橋 悟 技術開発係員
坂上 哲也 技術普及係長
佐々木 系 技術普及係員
高橋 昌也 資源調査係長

研究課題

課題名 期間 予算
さけ・ます類の効果的生産技術の開発 H18-22 交付金(一般研究)
さけ類及びます類のモニタリング H18-22 交付金(一般研究)
遺伝的特性を維持するためのふ化及び放流 H18-22 交付金(一般研究)
資源状況等を把握するためのふ化及び放流 H18-22 交付金(一般研究)
サケ科魚類の主要疾病診断技術の開発とマニュアル化 H18-22 交付金(一般研究)

平成19年度研究業績

 論文(査読あり)

 国際学術集会

 国内学術集会

  1. 本州太平洋岸に回帰するサケの遊泳行動に及ぼす津軽暖流の影響[2007年度日本水産学会秋季大会 長谷川英一・斎藤寿彦・加賀敏樹・高橋昌也]
  2. サケ種苗生産における養魚池の明るさに関する研究[2008年度日本水産学会春季大会 佐々木 系・長谷川英一]
  3. サケ稚魚放流技術の高度化に関する研究T 標準代謝量と体エネルギー量の計測[2008年度日本水産学会春季大会 長谷川英一・高橋昌也・安達宏泰・戸叶 恒・大友俊武・清水勇一]
  4. 沿岸サケ幼稚魚における成長履歴の推定.[2007年度日本水産学会春季大会 斎藤寿彦・加賀敏樹・長谷川英一]

 その他の論文、口頭発表、報告書等

  1. Saito, T., T. Kaga, and E. Hasegawa. 2007. Early marine growth of chum salmon (Oncorhynchus keta) in coastal waters off Shari, eastern Hokkaido, Japan, in relation to sea temperature. NPAFC Doc. 1041. 15p.
  2. Takahashi M. and F. Itoh. 2007. Preliminary 2006 Salmon Enhancement Production in Japan, NPAFC Doc. 1043. 3p.
  3. Fukuwaka M., S. Sato, S. Imai, N. D. Davis, K. W. Myers, R. V. Walker, J. M. Murphy, K. Cieciel, J. Moss, V. I. Karpenko, Alexander V. Bugaev, and Sergei F. Zolotukhin. 2007. Recoveries of High-Seas Tags in 2006-2007, and Tag Releases and Recoveries of Fin-Clipped Salmon in 2007 from Japanese Research Vessel Surveys in the North Pacific Ocean. NPAFC Doc. 1042. 15p.
  4. Takahashi M., M. Iida, Y. Katayama, T. Ohnuki, S. Kitatsuji, M. Fukuhara, H. Tokuda, and K. Hirasawa. 2007. Otolith-Marked Salmon released from Japan in the Fall of 2006 and Spring of 2007. NPAFC Doc. 1059, 10p.
  5. Takahashi M. and T. Tojima. 2007. Proposed Otolith Marks for Brood Year 2007 Salmon in Japan. NPAFC Doc. 1018, 9p.
  6. 戸叶 恒. 2008. サケ親魚の質が受精卵の発育過程に与える影響. 水研センター研究開発情報SALMON情報, 2: 6-7.
  7. 昆布森・斜里沿岸における放流サケ幼稚魚の餌料環境モニタリング.[平成19年度亜寒帯海洋モニタリング研究会 加賀敏樹・斎藤寿彦・高橋昌也]
  8. 動物プランクトン環境について. [平成19年度根室南部沿岸環境調査中間報告 加賀敏樹・長谷川英一]
  9. 外来性サケ科魚類および遺伝子組換えサケ科魚類導入時に行うリスク評価マニュアルの作成.[平成19年度さけます関係研究開発等推進特別部会研究部会 伴 真俊・名古屋博之・佐藤俊平・戸叶 恒・八重樫博文]
  10. サケ親魚の質が受精卵の発育過程に与える影響.[平成19年度さけます関係研究開発等推進特別部会 戸叶 恒]
  11. 養魚池の明るさ−光が仔魚に与える影響−.[平成19年度さけます関係研究開発等推進特別部会 佐々木 系]
  12. 日本系サケの資源構造−平成18年秋の回帰状況から言えること−.[平成19年度さけます関係研究開発等推進特別部会 高橋昌也]
  13. 平成19年度サケ来遊状況(5編). さけますセンターホームページ.
  14. 平成18年度捕獲・採卵数. さけますセンターホームページ.
  15. 平成17年度捕獲・採卵・放流数. さけますセンターホームページ.

平成18年度研究業績

 論文(査読あり)

 国際学術集会

  1. Saito T., I. Shimizu, and J. Seki. 2006. Linkage between early ocean life and adult returns of chum salmon in the Strait of Nemuro, Japan. Second NPAFC International Workshop on Factors Affecting Production of Juvenile Salmon, Sapporo, Japan.
  2. Hasegawa E. 2006. Visual characteristics of three species of juvenile salmonid fish stocked from the hatchery in Japan. Second NPAFC International Workshop on Factors Affecting Production of Juvenile Salmon, Sapporo, Japan.

 国内学術集会

  1. 耳石温度標識によるサクラマス野生魚と放流魚の識別[2006年度日本水産学会 大熊一正]
  2. サケ科魚類の初期生活史に関する研究の現状と将来展望[2006年度日本水産学会北海道支部大会 斎藤寿彦]
  3. 超音波発信器を用いたサクラマス親魚遡上行動の追跡[2006年度日本水産学会北海道支部大会 大熊一正]
  4. コード化ピンガーによるサクラマススモルト降下行動の追跡[2007年度日本水産学会春季大会 大熊一正]

 その他の論文、口頭発表、報告書等

  1. Summary of 2006 enforcement activities. (NPAFC Doc.932)
  2. Takahashi M. and S. Yoshimitsu. 2006. Proposed otolith marks for blood year 2006 salmon in Japan. (NPAFC Doc. 938)
  3. Fukuwaka M., S. Urawa, S. Yoshimitsu, N. Davis, R. Walker. 2006. Recoveries of High-seas tags in Japan in 2005, and tag releases and recoveries of fin-clipped salmon from Japanese research vessel surveys in the North Pacific Ocean in 2006. (NPAFC Doc. 961)
  4. Saito T., I. Shimizu, and J. Seki. 2006. Growth estimation for juvenile chum salmon (Oncorhynchus keta) on the basis of otolith check. (NPAFC Doc. 965)
  5. Itoh F. and M. Takahashi. 2006. Preliminary 2005 salmon enhancement production in Japan. (NPAFC Doc. 967)
  6. Takahashi M., M. Watanabe, T. Hamaya, M. Iida, N. watanabe, M. Fukuwaka, H. Tokuda. 2006. Otolith Marked Salmon Released from Japan in the Fall of 2005 and Spring of 2006. (NPAFC Doc. 968)
  7. Saito T., I. Simizu, and J. Seki. 2007. Linkage between early ocean life and adult returns of chum salmon in the Strait of Nemuro, Japan. NPAFC Tech. Rep., 7: 59-60.
  8. Ban M. 2007. Growth pattern and seawater tolerance of precocious Male sockeye salmon. NPAFC Tech. Rep., 7: 78.
  9. Shimizu I., T. Saito, and J. Seki. 2007. Influence of sea ice on Spring phytoplankton production and foraging period of juvenile salmon in Nemuro Strait. NPAFC Tech. Rep., 7: 101-104.
  10. Hasegawa E. 2007. Visual characteristics of three species of salmonids stocked from Japanese hatcheries. NPAFC Tech. Rep., 7: 107-109.
  11. 長谷川英一. 2006. 日本におけるサケ回帰状況についての一考察. 社団法人日本定置漁業協会ていち, 110: 63-80.
  12. 高橋昌也. 2006. 耳石温度標識を用いたサケ・マス類の標識放流と調査研究. 月刊養殖, 542: 82-85.
  13. 戸叶 恒. 2007. 増殖効率化モデル事業. 水研センター研究開発情報SALMON情報, 1: 4-5.
  14. 岡本康孝. 2007. 北太平洋と日本におけるさけます類の資源と増殖. 水研センター研究開発情報SALMON情報, 1: 27-28.
  15. 沿岸域におけるサケ幼稚魚の減耗要因を探る.[平成18年度さけます関係研究開発等推進特別部会 斎藤寿彦]
  16. さけ資源の回帰動向分析.[平成18年度さけます関係研究開発等推進特別部会 長谷川英一]
  17. 増殖効率化モデル事業.[平成18年度さけます関係研究開発等推進特別部会 戸叶 恒]
  18. サケにバーコード!どうやって?何のため?[水研センター第4回成果発表会 高橋昌也]