NASREC:独立行政法人 水産総合研究センター さけますセンター
組織について

組織
 
                       
  所長 業務推進部── 業務推進課 業務推進係        
        連絡調整係        
      業務管理課 経理マネージャー    
          管理係        
          用度係        
    さけます研究部 海区水産業研究室        
      資源研究室        
      遺伝資源研究室        
      環境・生態研究室        
      技術開発室        
                     
    ─────── 北見事業所 帯広事業所   千歳事業所    
        斜里事業所 鶴居事業所   静内事業所    
        根室事業所 十勝事業所   渡島事業所    
        虹別事業所 天塩事業所   八雲事業所    
        伊茶仁事業所 徳志別事業所   尻別事業所    
                       
 
沿革
 
1888 (M21) 最初の官営孵化場として千歳中央孵化場 (現千歳事業所)を設置
1952 (S27) 水産資源保護法の施行に伴い、水産庁所管の北海道さけ・ますふ化場を設置
1962 (S37) サケ稚魚の給餌飼育調査を開始
1964 (S39) 沿岸域での幼稚魚生息環境調査を開始
1967 (S42) 稚魚の給餌飼育に乾燥配合餌料を導入
1974 (S49) 南米チリへさけ・ます卵移植
1975 (S50) 沿岸生息環境調査結果に基づくサケ稚魚の適期放流を開始
1977-1981
 (S52-56)
農林水産技術会議 『さけ別枠研究』 へ参加
1980-1988
 (S55-63)
農林水産技術会議大型別枠研究 『マリーンランチング計画(サクラマス)』 へ参加
1980 (S55) 魚病研究室を設置し、病原体の疫学と防除に関する研究を開始
1984 (S59) サクラマス、ベニザケの本格的な研究と資源造成を開始
1993 (H5) 北太平洋における溯河性魚類の系群の保全のための条約が発効
生物の多様性に関する条約(生物多様性条約)が発効
1994 (H6) 育種研究室(現遺伝資源研究室)を設置し、さけ・ます類の遺伝的多様性保全のための研究を開始
1995 (H7) 北太平洋沖合で遺伝標識を用いた日本系サケの回遊経路調査を開始
1997 (H9) さけ・ます資源管理センターへ改組
漁業経済研究室(現海区漁業研究室)を設置し、流通システムの研究を開始
サケの自然産卵に関する調査を遊楽部川で開始
遺伝的多様性と地域個体群の維持に配慮したふ化放流を開始
1999 (H11) 耳石温度標識による大規模な放流試験を千歳事業所で開始し、有効性を確認
2000-2002
 (H12-14)
オホーツク海沖合での幼魚調査で日本系サケ幼魚の生息を遺伝と耳石温度標識で確認
2001 (H13) 独立行政法人へ移行
2002-2006
 (H14-18)
ベーリング・アリューシャン国際さけます共同調査(BASIS)に参加し、ベーリング海における日本系サケの分布状況を遺伝と耳石温度標識で解明
2005 (H17) 放流魚の起源を個体識別するため、全事業所に耳石温度標識装置の設置を完了
2006 (H18) 独立行政法人水産総合研究センターと統合し、さけますセンターを設置
東北区水産研究所、日本海区水産研究所にさけます類の研究開発を担当する調査普及課を設置

明治期の千歳中央ふ化場
明治期の千歳中央ふ化場

現在の千歳事業所(2007年9月14日撮影)
現在の千歳事業所(2007年9月14日撮影)

業務の概要
 
アクセス
 
施設紹介
 
 さけの里ふれあい広場(展示施設)
 

上記をコンパクトにまとめた要覧もあります.pdf248KB
2007要覧の表2007要覧の裏

 

各部・各研究所のご紹介