さけますQ&A


Q1:「さけ」と「ます」の違いは?

結論から言いますと、生物学的に明確な区分はありません。

サケという名の魚はいますが、「ます」というのはサクラマス、カラフトマス、ニジマスなど複数の魚を総称しており、かつ、そのますと称される魚だけに共通するようなサケとの違いはありません。

英語では「サーモン」と「トラウト」という呼び方がありますが、欧米では海に降りるものをサーモン、川など淡水で生活するものをトラウトとしている場合が多く、近年は日本でもサーモン=さけ、トラウト=ますと認識している例も一部でみられるようです。

日本でなぜサケとマスという呼び分けができたかについて一説を紹介します。

日本で昔からそ上が見られたさけ・ますはサケとサクラマスであり、当時はサケとマスで区別には十分でした。しかし蝦夷地の開拓が進むと道東方面に別種のさけ・ますが分布しており、サクラマスとカラフトマスという呼び分けが必要になりました。

さらに北洋さけ・ます漁業が始まると日本には分布しないものも漁獲され、漁業者はそれらをベニマス、ギンマスなどと呼び分けました。この時点ではサケだけが特別で、その他はすべて○○マスで統一されていました。

しかしながら、流通させるに当たってマスよりサケの方が高級イメージがあったので、ベニザケ、ギンザケという呼び名で販売されるようになり、それが定着して今日に至っているということです。

Q2:サケは色を識別できるのですか?

サケが、例えば赤を赤い色、青を青い色として、認識しているか否かははっきりとはわかりません。調べる手だてはありますが、まだ、サケで実際に実験した例はありません。

しかし、色としてではなく、どっちが濃く見えるか薄く見えるかを判断できる、違いがわかる、と言う意味でしたら、例えば赤と青とを識別できると言えると思います。

Q3:サケはどうやって生まれた川に戻ってくるのですか?

北洋から日本をめざしているときは、太陽コンパス説、地磁気コンパス説、海流説などがありますが、科学的に立証されているものではありません。

沿岸まで帰ってきて産まれた川を見つけるときには、嗅覚が重要な役目を果たすと考えられており、近年は実験によってサケが母川のどのようなニオイを識別しているかが明らかになってきました。 また、魚種によっては、視覚も重要な役目を果たしているとの報告もされています。

Q4:サケのお腹に入っている卵の数はどのくらいですか?

年齢、サイズ、地域によって異なりますが、だいたい2000~4000粒の卵がお腹に入っています。体のサイズが大きいほど卵の数は多くなります。

Q5:サケの身はなぜピンク色なのですか?

サーモンの身のピンク色はアスタキサンチンというカロチノイド系色素によるものです。 これは、甲殻類などに多く含まれており、エビやカニの殻、鯛や金目鯛の表皮の赤色も同じです。

これらは、甲殻類のプランクトン(アミ類もその一つです)を食べることで、アスタキサンチンが蓄積され、身などが赤っぽく(ピンク色)なります。

Q6:サケは白身魚って本当ですか?

本当です。赤身魚の赤い色はミオグロビンという肉の色素タンパク質によるものです。 その役割は運動するとき必要な酸素を筋肉にたくさん蓄えるというもので、常に泳ぎ回るマグロやカツオが「赤身魚」の代表と言えます。

サケの赤い色は餌に含まれるアスタキサンチンという栄養素によるものです。卵(イクラ)の赤い色も同じで、サケが成熟して川に昇ると餌を食べなくなり、さらに栄養素が卵に移行するため、身は徐々に白くなります。このことからもサケは白身魚だということがわかります。