[戻る] [上へ] [進む] [北水研さけます情報]  [旧さけますセンターホームページ]

主な放流魚種


サケ
Oncorhynchus keta

成熟年齢2〜8年,体長45〜85cm.日本の沿岸や河川にそ上するさけ・ますの大部分を占め,人工ふ化放流の主力魚種になっている.一般にアキサケ,アキアジと呼ばれ,他のさけ・ますと区分するためにシロザケとも呼ばれる.9月〜12月に北日本の沿岸へ来遊し河川へそ上する.中下流の湧水域で産卵し,ふ化した稚魚は翌年の3月〜5月に降海して北太平洋での索餌回遊に向かう.回帰親魚の主群は4年魚.

成熟した雄のサケ
成熟した雄のサケ.

ギンケとブナケ

海洋では,サケの体色は銀色であるために「ギンケ」と呼ばれ,一方,母川に近づき成熟が始まると黒色を帯びた婚姻色の「ブナケ」となる.沿岸域で獲れるサケにはギンケとブナケが混じっている.

[ページ先頭へ]


サクラマス
Oncorhynchus masou

成熟年齢3〜4年,体長30〜60cm.我が国など極東にだけ分布する魚種で,海洋における回遊の範囲はサケほど広くはない.桜の開花する5月から7月頃にかけて河川にそ上し,そのまま河川で越夏して9月〜10月に産卵する.稚魚は1〜2年河川内で生活してから降海し,海洋で1年間過ごした後,再び河川へ産卵のためにそ上する.

成熟した雄のサクラマス
成熟した雄のサクラマス.

サクラマスとヤマメ

海へ降りた後に再び回帰した降海型成魚が「サクラマス」と呼ばれるのに対し,河川に残留して終生淡水生活を送る河川型と,降海前の河川生活期幼魚を総称して「ヤマメ」と呼ばれる.サクラマス幼稚魚は1年または2年間の河川生活を送ったあと降海する.越冬した翌年の春に幼魚の魚体はパーマークが薄れ銀白色に変化し始める.この海に降りる準備ができたものをスモルト(銀毛化幼魚)と呼ぶ.

[ページ先頭へ]


カラフトマス
Oncorhynchus gorbuscha

成熟年齢2年,体長40〜65cm.北海道では,主にオホーツク海,根室海峡の河川にそ上する.沿岸に回遊した成熟前の魚体は,背が青色を帯びていることからアオマス,また,産卵期の雄の成熟魚は背部が大きく隆起することからセッパリマスとも呼ばれる.尾びれの黒い斑紋と小型のウロコが特徴で,サケやサクラマスとの判別は比較的容易である.6月〜10月に河川へそ上し,中下流域の比較的流れが速く透水性の良い砂礫底で産卵する.ふ化した稚魚は翌年の4〜6月に降海し,他の魚種と異なり全て2年魚で回帰する.

成熟した雄のカラフトマス
成熟した雄のカラフトマス.

[ページ先頭へ]


ベニザケ
Oncorhynchus nerka

成熟年齢3〜5年,体長30〜70cm.日本では天然での回帰はないが,人工ふ化放流事業の成果によりベニザケを回帰させることに成功した.さけ・ます類の中で最も高級魚とされ,釧路川など数河川においてふ化放流を実施している.成熟した魚体は鮮やかな紅色となる.6月〜9月に河川にそ上し,上流域の湖沼に注ぐ河川で11月頃産卵する.幼稚魚は1〜2年湖沼生活したあと降海する.

成熟した雄のベニザケ
成熟した雄のベニザケ.

ヒメマス(チップ)

ヒメマスは湖沼残留型ベニザケで,終生湖沼で生活するものと,スモルトとなって降海しベニザケとなるものがある.ヒメマスは阿寒湖とチミケップ湖に自然分布していたのみであったが,現在では移殖により支笏湖や十和田湖,中禅寺湖を始めとして各地の湖沼にも生息している.

[ページ先頭へ]


国立研究開発法人水産研究・教育機構 北海道区水産研究所

〒062-0922 北海道札幌市豊平区中の島2条2丁目4-1 TEL:011-822-2131(代表) FAX:011-822-3342

【釧路庁舎】〒085-0802 北海道釧路市桂恋116 TEL:0154-91-9136(代表) FAX :0154-91-9355

【厚岸庁舎】〒088-1108 北海道厚岸郡厚岸町筑紫恋2-1 TEL:0153-52-4767(代表) FAX:0153-52-6141

© Copyright Hokkaido National Fisheries Research Institute, Japan Fisheries Research and Education Agency All rights reserved.