日本のサケ科魚類

サケ科魚類の分類体系(抜粋)
サケ科魚類の分類体系(抜粋).
FRAニュースNo.16(2008年10月)の「特集サケの仲間たち」より.
  • サケ科魚類の共通する特徴は,いずれも背びれの後方に「あぶらびれ」という肉質の小さな扇状のひれをもっていることが挙げられる.また,川の上中流や湖岸で砂利床に穴を掘って産卵する.
  • サケ,カラフトマス,サクラマス,ベニザケなどは,一生に一回のみ産卵し,その後は全ての個体が死亡する.一方,同じサケ属だがスチールヘッド(降海型ニジマス)は産卵後も生き残り,海に戻ったあと再び河川へ産卵そ上する.
  • 生活域はいろいろなタイプに分類され,生活の一時期を海で暮らすものと,一生を川で生活するものとがある.例えば,サクラマスは海に下る降海型と,川で一生を過ごす河川型(ヤマメ)があり,ベニザケは幼魚期の1~2年を湖沼で生活しその後に降海する.
  • 海での生活期間も数カ月から数年までと様々である.産卵期が近づくと,それまでの銀白色(ギンケ)から婚姻色(ブナケ)に体色が変化する.また,雄の場合には,背部が張出し(セッパリ),鼻が鉤状(鼻まがり)に曲がるものなど,体色や体型が大きく変化する.
  • さけますの仲間はもともと淡水魚であったが,氷河期に餌の豊富な海を求めて降海性を強めたものと考えられ,イワナ型→ニジマス型→サケ型の順に進化したと考えられている.

日本及びその周辺海域に見られる主なサケ科魚類
属名 標準和名 学名 英名(例) 詳解記事
サケ属
Oncorhynchus
サケ Oncorhynchus keta Chum salmon salmon情報6号
ベニザケ(ヒメマス) Oncorhynchus nerka Sockeye salmon salmon情報7号
クニマス Oncorhynchus kawamurae Black kokanee salmon情報11号
ギンザケ Oncorhynchus kisutch Coho salmon salmon情報7号
カラフトマス Oncorhynchus gorbuscha Pink salmon salmon15号
サクラマス(ヤマメ) Oncorhynchus masou Masu salmon salmon8号
亜種:サツキマス(アマゴ) Oncorhynchus masou ishikawae Red-spotted masu salmon salmon情報8号
ビワマス(注) Oncorhynchus sp. Biwa salmon salmon情報10号
マスノスケ Oncorhynchus tshawytscha Chinook salmon
King salmon
salmon9号
*ニジマス(スチールヘッド) Oncorhynchus mykiss Rainbow trout
Steelhead trout
salmon12号
タイセイヨウ
サケ属
Salmo
**タイセイヨウサケ Salmo salar Atlantic salmon salmon情報5号
*ブラウントラウト Salmo trutta Brown trout salmon情報4号
イワナ属
Salvelinus
オショロコマ
亜種:ミヤベイワナ
Salvelinus malma krascheninnikovi
Salvelinus malma miyabei
Dolly Varden
Miyabe's char
salmon13号
イワナ
亜種:アメマス(エゾイワナ)、ヤマトイワナ、
ニッコウイワナ、ゴギ
Salvelinus leucomaenis White-spotted char
Japanese char
salmon10号
*カワマス Salvelinus fontinalis Brook trout salmon情報12号
*レイクトラウト Salvelinus namaycush Lake trout  
イトウ属
Parahucho
イトウ Parahucho perryi Sakhalin taimen
Japanese huchen
salmon情報9号

注;ビワマスの分類(サクラマスの亜種とするか別種とするか)については、未だ論争中であり、現在のところ種名は確定されていない。
* ニジマス、ブラウントラウト、カワマス及びレイクトラウトは移入された種である。
**タイセイヨウサケは日本に生息していないが、養殖魚が多く輸入されており、特に回転寿司などで国内でもよく食べられていることから掲載した。